ボリンジャーバンドの使い方|基礎から応用まで解説

ボリンジャーバンドの使い方

バイナリーオプションでトレードをする際、チャート分析にはどんなインジケーターを使っているでしょうか?

ボリンジャーバンドは、バイナリーオプションをやったことがる人であれば、誰しも聞いたことがあると思います。

しかし実際にどういったもので、どういったポイントでエントリーできるのかを知っていますか?

今回は、初心者の方でもわかりやすくボリンジャーバンドの使い方とエントリーポイントについても解説していきます。

ボリンジャーバンド

 

ボリンジャーバンドとは統計学の手法をFXに応用したテクニカル分析指標で、「標準偏差」を用いて確率論から為替レートの動向を予測するものです。

今がトレンド相場なのかレンジ相場なのかを見極める上でとても有用なテクニカルになります。

ボリンジャーバンドは±3σで反発を狙ってエントリーされることが多いです。

しかしボリンジャーバンドそのものは、逆張りエントリーのためのインジケーターではないので注意しなければいけません。

 

ボリンジャーバンドの構成

ボリンジャーバンドの構成

ボリンジャーバンドはミドルラインを中心に、σ(シグマ)と呼ばれる上下1本ずつの3本1セットで構成されており、ミドルライン(期間20)を中心に、内側から偏差1=±1σ、偏差2=±2σ、偏差3=±3σとなります。

また、基本的にローソク足はバンド内に収縮し、それぞれの収縮する確率は、

・±1σに収まる確率:68.26%
・±2σに収まる確率:95.44%
・±3σに収まる確率:99.73%

となります。

つまり、ボリンジャーバンドのラインに触れると反発する可能性があるということです。

しかし、バンドはローソク足の動きに合わせて伸縮するため、±3σに触れたら99.73%で反発するというわけではありません。

その広がったバンドに沿ってローソク足がずるずると流れていく可能性も十分に考えられます。

また、このことをバンドウォークと呼びます。

 

バンドウォーク

 

ローソク足が上記で説明したバンドウォークをし始めたら、トレンドが発生していると言えます。

トレンド中の逆張りは非常に危険なエントリーになるためバンドウォーク時はエントリーを見送ることが必要です。

バンドウォクー

 

また、例えばボリンジャーバンド+3シグマに到達したということは強い上昇トレンドが発生した可能性があります。

さらに、それが初動で到達した場合、一時的に利益確定などの動きが出る可能性があり、そうなると少し価格が下がって陰線を出現させることがあります。

バンドウォークを超えた後のローソク足は、その下のバンドに接触すると反発する可能性があり、そこもひとつのエントリーチャンスです。

 

スクイーズとエクスパンション

 

ボリンジャーバンドが収縮し、平行方向でバンドの幅が狭く、ローソク足が小さくなってきたら相場がエネルギーを溜めている状態にあります。

この、ボリンジャーバンドが収縮することをスクイーズと言います。

スクイーズ

スクイーズの局面の後、強いトレンドを発生させる可能性が高く、さらにこのボリンジャーバンド収縮が長く続けば続くほどトレンドの勢いは強くなります。

スクイーズの局面ではエントリー対象外になります。

ローソク足の動きが鈍くなり、エネルギーを溜めているということは、次に大きく動くということです。

この段階では上に動くのか下に動くのかわかりません。
そのため、スクイーズでエントリーしてしまうとギャンブル性が高くなります。

どちらに動くのか、ある程度強い根拠があれば別ですが、基本的にはエントリーを見送る場面です。

 

そしてスクイーズの後、バンドが外側に大きく広がっていることをエクスパンションと呼びます。

エクスパンションには2通りのパターンがあります。

・トレンドを形成するパターン
・レンジ相場になるパターン

そのままトレンドを形成する際、直近の高値・安値を大きくブレイクするという特徴があります。

重要な値段が1,2個あったにも関わらず、それらすべてをブレイクした場合、トレンドの形成とみて間違い無いでしょう。

順張り手法でトレードをやっている方であれば、エクスパンション発生時にトレンドフォローでエントリーするという方法もあります。

 

エクスパンション

 

また、エクスパンションのトレンド形成時に押し目を狙う方法もあります。

おしめを作りやすい場面としては例えば+2σまで上昇したのち、下がってきて+1σかミドルバンドで反発するパターンが挙げられます。

これはバンドウォークの時にもお話ししておりますね。

しかし、押し目でエントリーする際は、ボリンジャーバンドだけではなくローソク足やチャートの波形など、そのほかの根拠を持ってエントリーすることが必要です。

 

トレンド形成とは逆に重要な値段を割り切れずにそのまま反発した場合は、ボックスレンジを形成する可能性が高いです。

レンジ相場では、レジスタンスラインとサポートラインを引いて、ラインのあたりまで来た時の流れやローソク足の形で、これから反発するかどうかを見極めることができます。

 

まとめ

 

ボリンジャーバンドはトレーダーの間で人気のインジケーターの一つであるため、多くのトレーダーが見ていて意識しているところとも言えます。

ボリンジャーバンドは、トレンド・レンジ相場を見極められる有用なテクニカルですが、それだけを見てエントリーするにはあまりにも根拠が弱いポイントとなってしまいます。

バンドウォークして、そのままずるずると上昇下降する可能性もあります。

ボリンジャーバンドには、バンドウォークやスクイーズ、エクスパンションといったアクションを起こす特徴があります。

これらのアクションをしっかりと理解し、見極めて、ボリンジャーバンドをトレードに生かしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です