楽して稼げる?バイナリーオプションの難しさと魅力

実際にバイナリーオプションをすでにやっている人であれば「難しい」「勝てない」という人は多いのではないでしょうか?

僕自身、1年半バイナリーオプションをやっていますが、ようやく少しずつ勝てるようになってきて、いまだにマイナスになっています。

今回はバイナリーオプションのここが難しいと思うところと、魅力についてもご紹介していきます。

バイナリーオプションの難しいところ

 

僕が思うバイナリーオプションで難しいところは2つあります。

 

判定時間

 

まず、バイナリーオプションはFXと違って満期という概念が存在します。
いわゆる判定時間があるか無いかです。

判定時間があることで、メンタル面ではFXよりも楽なのですが、決まった時間に今より上がっているか下がっているかの予測をすることは難しいです。

しかも5分、10分の超短期となるとなかなかうまくはいきません。

つまりバイナリーオプションの取引におけるエントリーポイントというのは、大きな為替の流れの中にある細かな節目であると僕は考えています。

トレンドが変わるポイント、レンジを形成するポイント、FXトレーダーが意識しているポイントを見極めて、そのポイントだけに注力してエントリーしていかなければいけません。

 

バイナリーオプションは、そういった相場の節目を超短期的に捉えて、判定時間との兼ね合いを考えながら取引していかなければならない高度な技術が必要であると考えています。

そのため、バイナリーオプションにおいて判定時間が難かしい点の一つと言えます。

 

メンタル管理

 

バイナリーオプションはお金の価値が5〜10分後に上がるか下がるかの2択を予測して取引するものであるということは、言うまでもありませんが、そのシンプルさ故に知識がない人でも誰でも簡単に取引ができてしまいます。

 

簡単に投資ができる分メンタル管理がまともにできにくいです。

5分、10分で自分のお金が増えるか、なくなるか決まってしまうわけですから、あまりにも短期間で損失を生んでしまい、損失を実感しないままに、ポンポンポンポン取引をしてしてしまいがちです。

 

そして気づいたら、数十分、数時間で10万円損していたということもありえます。

バイナリーオプションは満期が存在する分FXよりもメンタルは楽ですが、簡単にエントリーできてしまうためどうしてもメンタル管理が難しくなってきます。

また、投資においてメンタルはテクニックよりも重要と言われていて、上級トレーダーにとっても、このメンタルによって負けてしまうということもあるようです。

 

おそらくあなたはトレード中、

負けた時に「悔しい!取り返してやる」と思い、
勝った時に「もっと大きくかければよかった!あと3回勝つまで取引しよう」

と思うのではないでしょうか?

そういった不安定なメンタルで取引していては、エントリー金額を守れなかったり、本来エントリーするはずのないところでもエントリーしてしまうなど自分で決めたルールを守れなくなってしまいます。

 

頭ではメンタル管理が重要だとわかっていても、実際にやってみるとこのメンタル管理というのは非常に難しいです。

そのためルールを守るという強い意志を持って、テクニックと同時にメンタル管理力も日々トレーニングしていかなければいけません。

 

魅力

 

続いて、バイナリーオプションの魅力について2つご紹介していきます。

 

リスク管理が簡単

魅力

バイナリーオプションはリスク管理が簡単です。

リスク管理とは、資金がマイナスになるというリスク、そして資金を溶かしてしまうというリスクです。自分次第で損失を最小限に抑えることができます。

バイナリーオプションで仮にエントリーして負けたとしても、損失額はエントリー金額のみなので、レバレッジを利用するFXのように予想以上の損失をすることはありません。

投資は「損少利大」の考え方で、少し負けで大きく勝たなければいけません。

バイナリーオプションに置き換えると、どうしても負けてしまうことはるので負けを認めて、勝てるところでコツコツと資金を増やしていかなければいけません。

投資においてリスク管理は非常に重要な要素であり、そのリスク管理が比較的簡単というのは、バイナリーオプションの一つの魅力とも言えます。

 

メンタル面が楽

 

バイナリーは、判定時刻があるなどしてメンタル管理が難しいと言いましたが、メンタル面にゆとりが持てるのはFXよりもバイナリーオプションの方です。

 

FXは判定時間がなく、利益確定や損切りを自分で決めなければいけないため

「どこで損切りをするのか利確をするのか」
「まだ上がるだろう、まだ下がるだろうからポジションは持っておこう」

そういった感情が生まれるわけです。

ポジションを取って決済するポイントも決めなければいけないため、常に動いているチャートを見ながら決済を考えます。

そうなると、どうしても自分の「もっと稼ぎたい」という欲や「損をしたくない」という恐怖が混雑し、ポジションを取った後のメンタル面にゆとりが持てません。

 

その点バイナリーオプションは、ポジションを取った後に決済するポイントを考える必要がありません。

仮に思惑とは逆方向にチャートが動いてもエントリー金額以上に損をすることもないので、メンタル面にゆとりが持てるというメリットがあります。

 

まとめ

 

バイナリーオプションには難しいポイントと魅力が2つずあります。

難しいところ

・判定時間
・メンタル管理

魅力

・リスク管理が簡単
・メンタル面が楽

 

特に、エントリーする際のメンタル管理が難しいバイナリーオプションですが、エントリーした後には、FXよりもメンタル面にゆとりが持てます。

このバイナリーの難しいポイント、そして魅力をしっかりと理解しながら、取引を行なっていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です