ランサーズ3つの仕事方式の違いとは?それぞれの特徴から仕事の流れを解説

ランサーズには以下3つの仕事方式があります。

  • プロジェクト方式
  • タスク方式
  • コンペ方式

しかし、ランサーズを始めたばかりの方は、これらの方式の違いについてよく理解していないという人も多いかと思います。

「それぞれの仕事方式の違いが知りたい」
「記事作成の依頼を出したいけどどの方式で依頼すればいいの?」

また、このように業務内容がどの方式で依頼されているのかあまり知らないという人も多いでしょう。

そこで今回は、それぞれの仕事方式の内容と仕事の流れについてくわしく解説していきます。

クラウドソーシング「ランサーズ」

プロジェクト方式とは

ランサーズのプロジェクト方式とは、ランサー(働き手)とクライアント(仕事の依頼人)が話し合いながら仕事を進める方式です。

もう少し具体的にいえば、クライアントとランサーが仕事量や報酬額などをもとに条件を出し合い、お互いに合意すれば実際に契約して仕事を始めていくといった流れです。

プロジェクト方式には納期があることが特徴で、お互いに決めた納期までにランサーは仕事を仕上げ、成果物を納品した時点で仕事完了となります。

クライアントはランサーが納品した成果物を確認し、問題があれば修正のためにそのまま差し戻してもいいですし、問題なければその成果物を受け取って報酬を支払えば、プロジェクト方式の仕事が完了です。

プロジェクト方式では、お互いにコミュニケーションが必須なので、ランサーにとっては会社を介さずに取引先とお仕事をするといった感じです。

また、仕事を始める前にクライアントは仮入金をしなければいけないので、仮に仕事中にどちらかが失踪しても損失を被らないようにできています。

プロジェクト方式では、主にウェブサイト作成やシステム開発、記事執筆の仕事などが依頼されています。

プロジェクト方式のお仕事の流れ

プロジェクト方式のお仕事の流れは以下のとおりです。

  1. クライアントが仕事を公募
  2. ランサーが提案
  3. クライアントが1人のランサーを選定・報酬額の仮入金
  4. 仕事開始
  5. ランサーが納品
  6. クライアントがチェック
  7. 報酬を支払って仕事完了

契約前にはクライアントとランサーがメッセージを介して、仕事内容についてすりあわせをするのが一般的です。

また、提案内容は仕事量や報酬金額の見積もりだけでなく、ランサーの過去の実績やスキルなども同時にアピールします。

クライアントは見積もりと同時にそういったランサーの経歴も見ながら契約するランサーを選びます。

タスク方式

ランサーズのタスク方式とは、クライアントが募集した仕事に対して、ランサーがその場で仕事をして、成果物の納品と同時に仕事に応募する方式です。

タスク方式には納期がないので、ランサーは自分の好きなときに作業をして、気軽に報酬を得ることができます。

クライアントと連絡を取る必要もないので、基本的にコミュニケーション能力は必要ありません。

一方クライアント側は、質の高い成果物は期待できませんが、業務委託の経費を抑えられ、ランサーとコミュニケーションをとる手間がないといった特徴があります。

タスク方式では、簡単な文字入力やデータ入力、口コミやレビューなどの仕事が依頼されています。

タスク方式のお仕事の流れ

プロジェクト方式のお仕事の流れは以下のとおりです。

  1. クライアントが仕事を公募
  2. ランサーが仕事に提案(作業完了)
  3. クライアントが提案をチェック
  4. 提案を承認したランサーに支払い
  5. 仕事完了

タスク方式では、依頼時にクライアントが報酬を仮払いする形なので、クライアントはあらかじめ予算を設定して仕事を依頼できます。

クライアント側は仕事を始める上でクライアントと仕事のすりあわせをしなくていいですし、納期もないので、自分の好きな時間や片手間で仕事をすることができます。

コンペ方式

ランサーズのコンペ方式とは、クライアントが納期付きの仕事を公募し、さまざまなランサーによって提案された納品物の中から、もっとも気に入ったものを選ぶ仕事方式です。

集まった多数の提案の中から自分の好きな作品だけを選ぶことができ、報酬は選定したその提案者にだけ支払えばOKです。

さらにタスク方式とは異なり、デザイン系の業務依頼で多く利用されているので、提案したランサーの数だけ多種多様な作品が集まることが特徴です。

コンペ方式では、会社のロゴや名刺作成などのデザイン業務のほかに、LPやキャッチコピー、写真などの作品の募集も行われています。

コンペ方式のお仕事の流れ

プロジェクト方式のお仕事の流れは以下のとおりです。

  1. クライアントが仕事を公募
  2. ランサーが仕事に提案(作業完了)
  3. クライアントが多数の提案の中から1つだけ選択
  4. 提案を承認したランサーに支払い
  5. 仕事完了

コンペ方式は流れだけでいうとタスク方式に似ています。

しかし、コンペ方式はタスク方式とは異なり、提案を承認して支払いができるのは1人までで、その報酬単価が高いという特徴があります。

まとめ

ランサーズではプロジェクト方式、タスク方式、コンペ方式それぞれが、特定の業務委託に利用されています。

それぞれの方式で多く依頼されている業務内容には以下のようなものがあります。

仕事方式 主な業務内容
プロジェクト方式 ウェブサイト・アプリ制作、システム開発、記事作成
タスク方式 データ入力、レビュー、軽作業
コンペ方式 ロゴ作成、キャッチコピー募集、その他デザイン系

自分がしたい仕事、依頼したい仕事があれば、ランサーズの方式別で選ぶといいでしょう。

こちらの記事ではWEBライターで稼ぐために最適な仕事方式について紹介していますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

【ライター初心者必見】ランサーズで稼ぎたいならプロジェクト方式で仕事をしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です