債務整理とは?3つの手続きのメリット・デメリットまで徹底解説

こんにちは!カイです。

「借金の返済が追いつかない」
「今の借金生活をどうにかしたい!」

このように、現在債務整理について気になっていませんか?

ぼくは以前借金の返済に追われ、どうしようもなくなって弁護士事務所へ借金の相談に行ったことがあります。

そこで現在の借金の状況を伝え、債務整理や自分にとって最適な手続きについて教えてもらいました。

今回は、ぼくが弁護士に教えてもらった情報をもとに、ぼくの借金状況から見た債務整理のメリットとデメリットについて紹介していきます。

簡潔にいえば、消費者金融など個人的な借金と併せて奨学金を借りている人は、ぼくと同じ状況なので非常にためになると思います。

債務整理とは

債務整理とは、今ある借金を減額したり、支払いに余裕を持たせたりして、借金の返済に苦しむ状況から抜け出す手続きのことです。

具体的には毎月の返済額を大きく減少したり、借金そのものがチャラになったりします。

今、毎月の収入のほとんどが借金の返済でなくなっている人なら、債務整理を行うメリットは非常に大きいです。

ただし、債務整理をすれば、以後5〜10年間はブラックリストに入るため、借入しづらくなり、また車や家など各種ローンもほとんど組めなくなる点に注意しなければいけません。

債務整理の種類には大きく分けて以下の3つがあります。

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

具体的にどんな違いがあるのか。以下でくわしく解説していきます。

任意整理とは

任意整理とは、金利をカットし、元本のみの返済を3〜5年の長期に渡って分割返済にする手続きです。

さらに、金利を見直して改めて借金を再計算するので、2010年の上限金利の引き下げ以前から借入している人の場合、元金が減る可能性もあります。

また、任意整理は自己破産や民事再生とは違って、借金を整理する賃金業者を選べることが特徴です。

つまり、たとえば奨学金のような保証人を立てている借金の場合、整理する業者として奨学金を選択しなければ保証人に債務が移ることはありません。

保証人に迷惑をかけたくないという人には、任意整理が有効です。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは以下3点です。

任意整理のメリット

  • 整理したい債権者を選べる
  • 毎月の返済の負担が大きく減少する
  • 財産は手元に残る

任意整理の大きなメリットは、整理したい債権者を選べることです。

民事再生や自己破産をすれば、無条件ですべての債権者に対して手続きが行われますが、任意整理は奨学金などを任意で除くことができます。

また、原則的には将来の金利がカットされ、返済も長期的に行えるので、毎月の負担額は大きく減少します。

たとえば、元金100万円で年利率18%の借金があり、それを3年間で完済する場合の月々の返済額は、単純計算で約4.5万円です。

しかし、任意整理で利息をカットして5年間で完済する場合、月約1.6万円の返済ですみます。

このように、特に保証人立ての借金がある人にとって、任意整理のメリットは大きいと言えます。

任意整理のデメリット

任意整理には以下3点のデメリットがあります。

任意整理のデメリット

  • ブラックリストに入る
  • 2010年以降から借りている場合は元金が減らない
  • 継続的な収入がなければ手続きできない

任意整理をすればブラックリストに登録され、以後5年間はどこの金融業者からも借り入れが難しくなります。

また、上限金利の改正が行われた2010年以降から取引をしている人の場合、金利の再計算をしても元金が減ることはありません。

利息がカットされるなどで毎月の借金返済の負担は減りますが、2010年以降に借入している人にとって、メリットが一つ減ってしまいます。

なお、継続的な収入がなければ任意整理を行うことはできません。

なぜなら、任意整理は弁護士や司法書士が債権者に対して、「きちんとお金を返すから利息をカットして長期的な分割にしてほしい」と直接交渉する手続きだからです。

債権者としても、きちんと返済を続ける能力のある人でなければその条件に応じたくないため、債務者自身も給料など継続的な収入を得ている必要があります。

任意整理が向いている人

任意整理が向いている人は、「多重債務で保証人を立てている借金がある人」です。

通常、保証人を立てている借金を債務整理してしまえば、借主は借金がなくなりますが、借金返済の義務は保証人に移るだけで借金がなくなるわけではありません。

一方で、任意整理は債務整理する債権者を選べるため、保証人を立てている債権者を選択しなければ、保証人に債務整理がバレることすらないです。

そのため、借金はどうにかしたいけど保証人には迷惑をかけたくないという人は、任意整理をオススメします。

民事再生とは

民事再生(個人再生)とは、借金を5分の1にカットし、残債を3〜5年間かけて返済していく手続きのことです。

民事再生は持ち家や車など、財産を維持したまま借金を整理できることが特徴です。

任意整理のように整理したい借金を選ぶことはできませんが、自己破産のように財産を没収されることはありません。

また、借金の帳消しにはなくならないものの、裁判所の決定によって残債が大幅に減額されるので、毎月の返済に余裕が持てるようになります。

民事再生のメリット

民事再生のメリットは以下の3つです。

民事再生のメリット

  • 借金額が大きく減少する
  • 財産を手放さなくて済む
  • 職業の資格制限がない

民事再生は裁判所の決定によって、借金額を5分の1に下げられ、将来利息はカットされ、さらに残債は3〜5年の分割で返済できる手続きです。

借金の完済が困難で、毎月の返済に首が回っていない人などには有効な手段です。

さらに、持ち家や車などの財産を没収されることはないため、借金が回らないけど財産は残したい人にもオススメします。

また、職業の資格制限がないのもメリットの一つです。

自己破産した場合、旅行業者の職員や警備員など一部の職業に一定期間就くことができません。

一方で、民事再生の場合はそういった職業の制限を受けることはありません。

このように、民事再生は任意整理より借金返済の負担が減り、自己破産よりもデメリットの少ない手続きといえます。

民事再生のデメリット

民事再生には以下4点のデメリットがあります。

民事再生のデメリット

  • ブラックリストに入る
  • 借金がゼロにはならない
  • 整理したい借金を選べない
  • 財産がない人にはメリットがあまりない

民事再生は借金がゼロになるわけではないので、借金を返済する負担は少なからず残ります。

さらに、任意整理のように債権者を選ぶことはできないので、保証人を立てている借金があれば、保証人に迷惑がかかることになります。

そして、民事再生で意外と語られないデメリットは、財産がない人にはメリットがあまりないという点です。

たとえば、家や車を持たない人や、財産価値が低いものしか持っていない人にとって、民事再生を行うメリットはほとんどありません。

このように、民事再生は一定の財産を残せるものの、借金がゼロにならず、財産を持たない人にはメリットがない点に注意が必要です。

場合によっては自己破産をした方がメリットが多い場合もあります。

民事再生が向いている人

民事再生が向いている人は、「借金が大きすぎて完済が困難で、かつ家や車など処分されたくない高価な財産を有している人」です。

借金の負担を大幅にカットでき、さらに財産を残せるのは民事再生の強みです。

しかし、逆にいえば財産を持たない人にはあまり向いていないともいえるので注意しなければいけません。

また、自己破産をすることによって資格制限を受ける仕事に就いている人も民事再生が向いています。

民事再生はメリットを大きく受けられる人とそうでない人が別れる債務整理です。

民事再生の手続きをする際は、その他の債務整理のメリット・デメリットを把握した上で行うことをオススメします。

自己破産とは

自己破産とは、裁判所の決定のもと借金の支払い義務を免除する手続きのことです。

住宅や車などの財産は没収されますが、収入をすべて生活費として使えるようになります。

また、「官報」という国が発行する新聞に自己破産者として名前が掲載されますが、そのことが会社や友人を含む周りにバレることはほとんどないです。

おそらく、官報を毎日見ているという人はかなり少ないと思います…。

つまり、たとえ個人が自己破産したところで、会社や周りに迷惑がかかることはないと考えて問題ありません。

ただし、5〜10年間はブラックリストとして掲載され、また保証人を立てた借金があれば、保証人に迷惑がかかる点は理解しておきましょう。

自己破産のメリット

自己破産のメリットには以下の2つがあります。

自己破産のメリット

  • 借金がチャラになる
  • ある程度の財産は手元に残る

メリットの数は少ないですが、自己破産には借金がゼロになるという強力なメリットがあります。

任意整理も民事再生も借金の負担が減るとはいえ、完全に借金をなくすことはできません。

しかし、自己破産ならその借金の支払い義務がすべてなくなり、新たな人生をスタートさせることができるのです。

今まで借金のストレスや、金銭的な面で楽しめなかった人生を楽しめるようになるのは非常に大きなメリットです。

また、家や車などの財産を没収されるとはいえ、洗濯機や冷蔵庫またテレビなど、最低限の生活を送るために必要な財産は残されます。

そのため、自己破産は人生の終わりではなく、むしろ新たな人生をスタートさせるための手続きといえます。

自己破産のデメリット

自己破産には以下5点のデメリットがあります。

自己破産のデメリット

  • ブラックリストに入る
  • 財産を没収される
  • 国発行の新聞に名前が掲載される
  • 職業において資格制限を受ける
  • 免除されない債権もある

このように、自己破産をすれば借金の返済義務が免除される代わりに、車や家は没収され、自己破産の手続き中は資格制限を受けます。

たとえば弁護士や警備員、生命保険募集員、また建設業者などは資格が制限され、その仕事ができません。

仕事ができないのは基本的に、裁判手続きが始まってから借金の帳消しが認められるまでの2〜4ヶ月です。

また、税金や養育費など自己破産をしても、支払い義務が免除されないものもあることに注意しましょう。

自己破産が向いている人

自己破産が向いている人は、「特に大した財産を持っていない人」です。

車を持っていない人や持ち家を持っていない人は、自己破産による財産没収のデメリットがありません。

また、借金が消費者金融からやクレジットカード会社からだけの人も同様に、自己破産によるダメージが少ないので向いています。

一方で、不動産を持っている人や連帯保証人がついている人などは、自己破産は向いていないので注意しましょう。

債務整理をしないという選択肢

ここまで、債務整理について解説してきましたが、一方で債務整理をしないという選択肢もあります。

実際、ぼくは弁護士事務所で借金の相談をして、債務整理を勧められましたが、結果的に債務整理していません。

ぼくが債務整理をしなかったのは、単純に収入を上げて返済すればいいと思ったからです。

もしこの記事を見ている人が会社員なら、副業で月に5万円ほど稼ぐのはあまり難しくないはずです。

たとえばですが、WEBライティングをはじめて1本5,000円の記事を月に10本書いたり、英語を身につけて副業として翻訳の仕事をするだけでも、月に5万円くらいは稼げるかと思います。

ほかにも、プログラミングをはじめて数ヶ月後には5万円程度ならきっと稼げます。

もし、今借金の返済に困っているのなら、一度副業など収入アップできる何かに力を入れてみてはどうでしょうか。

借金に困っているなら一度無料相談を利用してみよう

とはいえ、借金に困っているなら一度弁護士・司法書士事務所へ借金の相談をしてみることをオススメします。

初めての相談に限り無料で対応しているところは多く、実際ぼくも無料相談を利用しました。

無料で受けられ全国対応している司法書士事務所として、以下の司法書士法人杉山事務所があります。


仮に債務整理をするつもりでなくても、借金の相談は気持ち的にも余裕を持つことができます。

ぼく自身、無料相談を受けて借金の悩みが軽くなったので、債務整理するしない関係なく、一度借金の相談をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

債務整理は借金を整理する手続きのことで、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

それぞれの債務整理には特徴があり、借金の状況や生活水準などでどの債務整理が最適なのかは人それぞれ異なります。

債務整理をする際は、それぞれのメリット・デメリットをきちんと理解した上で行いましょう。

なお、債務整理をするしない以前に、借金に困っているのなら一度お近くの弁護士・司法書士事務所へ無料相談に行くことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です