【WEBライター必見】SEO対策のライティングは読者目線で書けばOK!

こんにちは。カイです。

初心者WEBライターの悩みといえばSEO対策のライティングですよね。

「どうやったらGoogleの検索結果で上位表示されるの?」
「SEOライティングの書き方が知りたい」

こんなふうにSEO対策のライティング方法がわからずに困っていませんか?

実は、SEO対策は読者目線で書くことが最も重要なんです。

「リンクをたくさん貼らなきゃいけない」
「キーワードを盛り込まなきゃいけない」
「共起語が…」
「文字数が…」
「ドメインが…」
というのが、一般的なSEO対策として知られています。

しかし、SEO対策の本質を理解していなければそれらのテクニックはほとんど意味がありません。

そこで今回は、WEBライター初心者に向けてSEO対策記事の本質について解説していきます。

実績

まずは、ぼくの実績からご紹介します。

ぼくは普段からクラウドソーシングを中心に、SEO対策の記事を作成しており、自営ブログの実績では以下のものがあります。

キーワード:「Supreme 福岡」
順位:1位
ページ:【初心者必見】Supreme福岡の並び方!抽選は午前5時までに須崎公園へ

それでは、ここからSEOライティングの本質についてご説明していきます。

SEOライティングに小手先のテクニックは必要ない!

SEOライティングにおいて最も重要なのは「価値のあるコンテンツ(記事)」です。

はっきりいって、7000文字を超える長文の記事キーワードは本文の3〜6%などの、小手先のテクニックは必要ありません。

なぜなら、いくらSEO対策のテクニックを織り交ぜたとしても、その記事自体に有益な情報がなければ、読者にとっては価値のないコンテンツになってしまうからです。

読者に価値がないと判断されるコンテンツはGoogleで上位表示を獲得することはできません。

その根拠は検索エンジンであるGoogleのユーザーファーストという経営理念にあります。

ユーザーファーストとはつまり、ユーザーを第一に考えた経営戦略のことで、GoogleはたとえSEOテクニックが詰め込まれたコンテンツでも、それがユーザーにとって無益な記事であれば上位に表示させることはありません。

過去には、7,000文字以上の長文記事や、キーワードが詰め込まれた記事が上位表示されるなど、小手先のテクニックが確かに通用していました。ですが、Googleの度重なるアップデートによって、そういった技術はほとんど意味をなさなくなりました。

そのため、検索上位を獲得するためには、読者にとって価値のあるコンテンツであることが必要なのです。

戦略的なSEO対策は大切

小手先のテクニックは必要ないといいつつも、戦略的に記事を書くことは大切です。

共起語を含めたり、他のWEBサイトからリンクしてらもう、自分のサイトのリンクを散りばめる、などのSEO対策は確かに効果があります。

例えば、共起語を散りばめるというのは、本文の情報量を高めることになり、論理的でわかりやすい文章を作成するので、SEO対策を行う上で大切な一つのテクニックです。

共起語とは?メインキーワードに関連するサブキーワードのことで、検索結果に引っかけるためには本文中に含ませるべき大切な単語。
例)「SEO対策」というキーワードの共起語には「ツール」「Google」「アップデート」などがあります。

しかし、そういった戦略的なSEO対策はあくまでも読者に価値のあるコンテンツが前提です。

無益なコンテンツにテクニックを散りばめても意味がないことを理解しておきましょう。

SEO的にベストな文字数

「SEO対策において最適な文字数はどのくらい?」

このように、SEOライティングを行う上で文字数を気にする人も多いのではないでしょうか?

結論からいえば、最適な文字数はコンテンツ内容によって異なります。

2,000文字がベストな記事もあれば、5,000文字を超える長文記事がベストな場合もあります。

例えば、海外旅行をテーマにした場合、パスポートの取得方法の記事は2,000文字程度の簡潔なコンテンツが好まれますが、海外旅行の注意点などを紹介したノウハウ的な記事は内容の濃い長文のコンテンツが好まれます。

このように、読者のニーズによって好まれるコンテンツは異なるので、そのときどきに応じて文字数を変動させるのがベストなのです。

SEOライティングで大切なのはたった3つの要素

SEOライティングを行う上で重要なのが「価値のあるコンテンツ」です。

そして、その価値あるコンテンツを作成するために大切なのが以下3つの要素です。

  • 網羅性
  • 専門性
  • 信頼性

この3つの要素が盛り込まれた記事は、読者にとって価値のあるコンテンツと判断されやすく、高いSEO効果を見込めます。

そこでここからは、上記3つの要素について具体的に解説していきます。

要素1.網羅性

SEOコンテンツに大切な要素の1つ目は網羅性です。

網羅性のある記事とは、情報量が多く、知りたかった情報がすべて記載されているコンテンツのことです。

そもそもなぜ網羅性が大切なのかというと、読者の負担を減らしてあげるためです。読者は基本的にGoogle検索表示された記事を2記事以上読みたいなんて思っていません。

読者には解決したい悩みがあり、できる限りたった1つの記事を見ただけで、その悩みをスッキリ解決したいと考えています。

しかし、わざわざクリックしてアクセスしてみた記事が情報不足で、悩み解決までに至らなかった場合どうなるでしょう?

きっと読者はそのページを閉じて、また別の記事を開くに違いありません。

つまり、網羅性のない記事は読者にとって無益な記事ということになり、読者にストレスを与えてしまうことになります。

そういった読者の手間を省いてあげるためにも、記事の網羅性は重要です。

要素2.専門性

SEOコンテンツに大切な要素の2つ目は専門性です。

専門性のある記事とは、ほかの記事にはない有益な情報が記載されているコンテンツのことです。

専門性は、読者が求めている情報を的確に与えて、その情報について論理的に詳しく解説してあるので、記事を読み終わった後の読者の満足度を高めてくれます。

逆に専門性のない記事は、知りたい情報について表面的にしか触れられておらず、深掘りした情報を求めている読者にとっては、つまらないコンテンツとなります。

そのため、読者に最後まで読んでよかったと思ってもらうために記事の専門性は重要です。

要素3.信頼性

SEOコンテンツに大切な要素の3つ目は信頼性です。

信頼性のある記事とは、プロやその分野に詳しい人によって書かれたコンテンツのことです。

信頼性は、読者がその記事を読むにあたいするものかどうかを判断する材料となります。

例えば、海外旅行の経験がない素人が書いた海外旅行プランニングの記事よりも、バックパッカー経験者の海外旅行プランニングの記事の方が、読者にとっては良質なコンテンツと判断されます。

そのため、読者にコンテンツを知ってもらうため、読んでもらうため、そして読了した後に行動してもらうためには、記事の信頼性が重要です。

読者目線で文章を書くための3つのポイント

先に述べていますが、SEOライティングを行う上で重要なのが価値のあるコンテンツです。

そして、その価値のあるコンテンツとはずばり読者目線で書かれているコンテンツです。

記事は執筆者が読むのではなく、読者が読むものなので、読者目線で書かれていなければそれは良質なコンテンツとはいえません。

となると「読者目線で記事を書くためには、具体的にどういったことに意識すればいいの?」という方も多いでしょう。

そこでここからは、読者目線で記事を書くための3つのポイントを紹介していきます。

ポイント1.読者が必要としていない文章は書かない

まず一つ目は、読者が必要としていない文章を盛り込まないことです。

関係ない情報やすでに知っている情報が長々と書かれている文章は、読者にとって苦痛です。

例えば、おいしいペペロンチーノの作り方を知りたいのに「ペペロンチーノとはそもそもイタリアの…」なんて情報は読者は求めていないので不要です。

記事は読者が知りたい情報だけが書かれているシンプルなものが好まれます。

しかし、読者が必要としている情報とそうでない情報は、ターゲットとなるユーザーのニーズによって異なるので注意が必要です。

ペペロンチーノの作り方で例えると、調理工程に乳化というものがあるのですが、「乳化とはドレッシングのように油分と水分が混ざり合った状態で…」といった補足情報はユーザーにとって必要かどうかが分かれます。

乳化を知らない読者にとっては「なるほど」と思える有益な情報ですが、すでに乳化を知っている読者にとっては「いいから早く次の工程を教えて」という感情になります。

このように、読者のターゲットによっても必要な情報は異なるので、記事を書く前にまずは誰をターゲットとするのかを明確にしましょう。

ポイント2.読みやすさとわかりやすさ

続いて、記事の作成は文章の読みやすさとわかりやすさを意識しましょう。

文章の読みやすさとは、単純にパッと見て読み進められるか、また難しい言葉や漢字が使われていないかがポイントです。

難しい言葉や漢字が多用されている文章は読みにくく、読者は記事を読むことにストレスを感じて離脱につながってしまいます。記事は読みやすい文章を心がけましょう。

文章を読みやすくするテクニックとしては、改行や語尾、ひらがなを使う、専門用語を避けるなどがあります。

一方で、わかりやすい文章とは本文内の主張の根拠が正しく説明されている文章のことです。

例えば以下の文章を読んでください。

私は海外旅行に行くならアメリカをおすすめします。
なぜなら、日本にはアメリカ人の観光客が多いからです。

これを読んだ方の全員がきっと「ん?どういうこと?」と思ったはずです。

このように、前後の主張がかみ合っていない文章も読者のストレスをまねいてしまい、離脱につながりやすいのです。

アメリカをおすすめしたいなら「景色がきれいだから」「日本の観光客が多くて人気だから」のように、しっかりと主張がかみ合った文章を心がけましょう。

ポイント3.読者の一歩先を予測する

そして、最後のポイントが読者の一歩先を予測することです。

そもそも、読者はめんどくさがりなので、手間のかかる行動をしようとしません。なので読者目線で記事を書くなら、その手間を省いてあげる必要があります。

例えば、SEO対策には読者目線のコンテンツが有効という情報を知ったら、「じゃあ読者目線の記事の書き方ってどうするの?」と思い、きっと、記事の書き方についてGoogleで調べるはずです。

ぼくはその行動を予測して、この記事の中に読者目線の文章の書き方をご紹介しています。

きっと、この記事を読んでくれいているあなたの読者目線の文章の書き方についてGoogleで検索するという行動を省けているのではないでしょうか?

このように、手間を省いてあげられる文章がSEO対策の記事を作成する上で大切になります。

SEOライティングを支えるのは徹底的なリサーチ

SEOライティングをするなら、徹底的なリサーチを必ず行いましょう。

リサーチのないコンテンツに質はありません。

ここまで、Google検索結果で上位表示を獲得するためには、記事の網羅性・専門性・信用性、そして読者目線が必要である、ということをご説明してきましたが、そのどれもがリサーチができていなければ正しく書けません。

狙ったキーワードで検索する人はどういう人なのか?
どんな悩みを持っていて、どういう情報を知りたがっているのか?
ターゲットにとってなにがゴールなのか?

などを分析して、結局そのユーザーに対して、だれがどんな情報をどの程度紹介している記事がベストなのかを考えます。

そうやって徹底的にリサーチされて書かれた記事こそ、良質なコンテンツになるのです。

逆にいえば、リサーチをせずに表面的な情報だけが並べられた記事に価値はありません。

狙ったキーワードに対して、Googleで上位に表示されている記事を5〜10ページ見てみて、なぜこの記事が上位なのかを必ず分析しましょう。

徹底的なリサーチのもと、読者目線で書かれた価値あるコンテンツを目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です