仕事を辞めたいけど言い出せない!元社畜がその理由と対処法を解説!

こんにちは!カイです。

現在、仕事を辞めようと思っているものの、上司に「辞めます」と言い出せずに悩んでいませんか?

ぼく自身も会社員時代、上司に「辞めます」と言えずに2ヶ月間もグダグダしていた時期があります。

毎日言おう言おうと思っていてもビビって言い出せず、「今日はタイミングがなかった」と退職を言い出せなかった言い訳をしていました。

そして一歩踏み出せない自分に「やっぱり俺ってダメな人間だな」と自己否定していました。

そんな当時のぼくみたいに、退職したいけどそのことを会社へ言い出せない人はきっと少なくないと思います。

特に新卒社員とか、転職した経験がない人は初めての退職なので悩んでいるはずです。

そこで今回は、ぼくが考える会社を辞めると言い出す方法について共有していきます。

この記事を読めば、きっと仕事を辞めると言える勇気がつくはずです。

仕事を辞めたいのに言い出せない理由とその対処法


まずは、なぜ辞めるつもりなのに「辞めます」と言い出せないのか、その理由と対処法について知っておきましょう。

ぼくが考える、仕事を辞めたくても辞めますと言い出せない人には以下の共通点があります。

  • 職場が人手不足
  • 上司から引き止められそうで不安
  • 言い出すタイミングを伺っている
  • 上司から期待されている

ここからは、それぞれの理由とその対処法について解説していきます。

職場が人手不足

職場の人手不足が理由で、退職をなかなか言い出せない人は多いはずです。

特に自分で人手不足だと勝手に決めつけ、それを理由にして退職をしぶっている人は多いと思います。

そもそも、人手不足なのはあなたの責任ではなく会社の責任です。

仮にあなたが辞めて会社の経営が傾いても、すぐに人材確保できない、そしてあなたと言う人材を離職させてしまった会社が悪いです。

また、人手不足なら早い内に辞めることをオススメします。

人手不足だからと言い訳してウダウダしている内に、他の従業員が辞めていくことがあり、そうなればどんどん辞めづらくなるからです。

「あいつが辞めて大変だけど、俺らだけでも頑張ろうな」という雰囲気になり、逆に「辞めます」と言いづらいです。

会社の人手不足は自分の責任じゃない!と考え、さっさと辞めてしまいましょう。

上司から引き止められそうで不安

当時のぼくのように、「上司から引き止められたら断る自信がない」と考え、退職意思を伝えられない人は多いと思います。

引き止められるのが不安な人は、自分の決断に自信を持つことです。

「この会社はブラックすぎる!辞めるのは当然の行動だ!」とか「自分はこんな会社を辞めて新しいキャリアを歩むんだ!」などの、自分の決断に絶対的な自信をもちましょう。

逆に、「辞めたいけど人材不足だから会社に申し訳ないな」なんて思っていると、引き止められた時に決断が揺らいでしまいます。

また、決断に自信を持つためには、なぜ会社を辞めたいのか、そして会社を辞めてどうしたいのかを具体的に考えることです。

たとえば、「とりあえず退職して、転職は後で考えよう」と思っていては、いつまでたっても引き止められることを恐れてしまいます。

しかし、「今の会社は上司が理不尽すぎる!」「調理師を辞めてWEB関係の仕事をするんだ!」という強い気持ちがあれば、きっと引き止められても断れるはずです。

そのため、上司から引き止められるのが不安な人は自分の決断に自信を持って退職意思を伝えましょう。

なお、すでに転職活動をしてある程度転職が決まっている状態なら、引き止められても断るしかないので転職活動をしてしまうのもオススメです。

言い出すタイミングを伺っている

「退職します」と言い出すタイミングを伺って、なかなか言えずに困っていませんか?

実際、ぼくは「退職します」と言うタイミングを伺いすぎて、2ヶ月間も言い出せませんでした。

結論を言えば、「辞めます」と言うタイミングとかマジでどうでもいいです。

「退職します」と言い出すのにベストなタイミングなんてありません。

上司からすれば、いつ言われても困ることなので、タイミングとか気にせずに上司が時間に余裕のある時に伝えましょう。

とはいえ、今まさに手を動かしている最中に言うべきことではありません。

たとえば調理師の場合なら、今注文が入ってまさに料理を作っている最中に「退職します」と言われても、上司からすれば「ちょっと待て!そういうのは後にしろ!」となります笑

基本的に退職意思を告げるベストなタイミングはありませんが、就業前か就業後に伝えるのが一般的だと思います。

ちなみにぼくは就業前の出社してすぐに言いました。

上司から期待されている

上司から期待されている場合も「退職したい」と言い出せない理由の一つです。

たとえば、上司から「期待しているぞ」とか「今の業務が完璧にできるようになったら、次は別のポジションを任せるからな」なんて言われれば、誰しも辞めづらくなってしまいます。

しかし、それはほとんど洗脳に近いものと思いましょう。

ぼくの場合、いつもの業務中はひどく罵声を浴びせてくるものの、業務が終わった後に「お前には期待しいるからな」なんて言われていました。

そしてぼくは、「上司は自分のことを思って厳しく言ってくれてるんだ」とか「仕事ができない自分が悪い」などと思ってしまっていました。

これはもう明らかな洗脳です。

ですので、仕事を辞めたい時は上司からの評価や期待は一切気にせず、自分軸で考えることが大切です。

「退職したら上司を裏切った気持ちになる」などと、上司を気遣って自分が無理して働き続ける必要はありません。

別に上司のために仕事しているわけではないので、人からどう思われるかではなく、自分が実際どうしたいのかを軸に考えて行動するよう意識しましょう。

仕事を辞める時に持つべき大切な価値観


ぼくは仕事を辞める時には、以下の価値観を持っておくべきだと思っています。

  • やりたいことは自分軸で考える
  • 会社員は会社というシステムの歯車に過ぎない

それぞれの価値観について、以下でくわしく解説していきます。

やりたいことは自分軸で考える

どんなことでも、やりたいことは自分軸で考えることが大切です。

ぼくは、他人のために自分の時間を使っている人がめちゃくちゃ多いと思っています。

たとえば、毎回遅刻する人といつも一緒にいたり、昔の友人とのつながりを断ち切らないように本当は行きたくない忘年会に参加したり。

そんな人は退職する時でも、「今辞めたらみんなに申し訳ない」「上司が期待してくれるから裏切るのは悪い」などと、人のことを考えて自分の意思は二の次にしてしまう傾向があります。

ですが、自分の人生は他の誰のものでもなく自分のもので、他の人のために自分の残された限りある時間を使う必要があるでしょうか。

もちろん、本当に信頼している人や大切な人には時間を使うべきでです。

しかし、好きでもない上司やほとんど仲良くもない友人などに合わせて時間を使う必要はないとぼくは思います。

仕事を辞めますと言えない時は、相手軸で考えてしまっていないか改めて見直してみてください。

会社員は会社というシステムの歯車に過ぎない

会社員は会社というシステムの歯車に過ぎません。

もしあなたが企業の重役ではなく、一般的な従業員ならただの歯車です。

仮にあなたが退職してあなたという歯車が抜けたとしても、企業はまた新たな人材という歯車を埋め合わせるだけです。

つまりは、あなたが辞めようが辞めまいが、企業にとって大したことではないということです。

実際ぼくも、辞める前は「今は人材不足だから自分が抜けたら申し訳ない」と思っていましたが、ぼくが辞めた後は当たり前のように、他の人がぼくのポジションを担ってました。

その時、「なんだ、俺ってただの歯車として見られてなかったんだ」ということに気づきました。

従業員が辞める時、企業は「お前しかできないことだから、いてほしい」なんて都合のいいこといいますが、ぶっちゃけ働いてくれさえすれば誰でもいいんです。

仕事を辞めますと言い出せない理由が、今の会社に対する感謝、あるいは後ろめたさなら、本当に意味ないのでさっさと辞めることをオススメします。

退職理由は本音とたて前を使い分ける


退職理由は本音とたて前を使い分けましょう。

仕事を辞めたい本当の理由がパワハラや低収入、人間関係だとしても、その不平不満を言って退職するのはオススメできません。

会社の文句を言って辞めようとすれば、単純に退職日までギクシャクした関係になりますし、退職に際する書類をいつまでたっても作ってもらえない場合が実際にあります。

たて前として自分のキャリアのためとか、やりたいことが見つかったとか言っておけば、わざわざ会社と揉めることがないのでオススメです。

本音の退職理由は胸の中に秘めておき、たて前として外面良く対応しましょう。

ブッチして会社を辞めるのはオススメできない


ブッチして会社を辞めるのだけはNGです。

基本的に人としても非常識ですし、ブッチして逃げる癖がつく可能性があります。

「辞めます」といって一向に辞めさせてもらえない場合なら別ですが、まだ「辞めます」とすら言っていない状態からブッチするのは誰も得しないです。

また、正式な手続きをふまないで無断で退職すれば、損害賠償を請求される場合もあるので注意しましょう。

どうしても自分から辞めますと言えないのであれば、退職代行サービスの利用をオススメします。

退職代行サービスを利用する

退職代行サービスとは、会社を辞めたい社員本人に代わって、退職意思を伝えてくれるサービスです。

会社が辞めさせてくれない場合や、自分で会社へ退職意思を伝えられない場合は、退職代行サービスを使って会社を辞めるのも選択肢の一つです。

退職代行サービスを利用するなら、知名度の高い「EXIT」をオススメします。

退職代行「EXIT」|自分でやらないから、うまくいく

ただし、退職代行サービスは3〜5万円の費用がかかる点に注意しなければいけません。

また、退職代行サービスを使って未払い給料の請求などの交渉するのは違法なので、現在会社とのトラブルを持つ人は弁護士に依頼する必要があります。

そのため、基本的に退職意思は自分で伝えることをオススメします。

退職代行サービスの利用は、どうしても自分では言えないと判断した時の最終手段として考えておきましょう。

仕事を続けるという価値観は捨ててしまおう


完全にぼく個人の価値観なのですが、仕事を続けるという考えは捨ててしまってOKです。

特に20代の若者なら転職先はいくらでもあると思いますし、後先考えずに辞めたとしてもなんとかなります。

実際、ぼくも会社を辞める前は「高卒の自分が仕事を辞めれば人生終わりだ」なんて思ってましたが、なんだかんだ今はフリーランスとして生きていけています。

もちろん、仕事を長く続けるに越したことはないですが、無理して働く必要はないです。

イヤイヤ働いてもあまりスキルは身につかないので、いたずらに時間を浪費するだけです。

それよりも、自分が本当にやりたいことを見つけ、それに時間と労力を費やすべきだとぼくは思っています。

しかも、終身雇用のシステムが崩壊しているように、現在は一つの企業に長く勤めるのではなく、個人のスキルを伸ばす時代です。

「仕事を続ける」のではなく、「自分の得意を見つけてそれを仕事にする」みたいな価値観でいいと思います。

転職するなら転職エージェントを利用しよう


転職するなら転職エージェントがオススメです。

転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが、求職者の希望をヒアリングし、その人に最適な求人を紹介してくれるサービスのことです。

ほかにも、面接対策や書類の添削をしてくれるなど、転職に関わるアドバイス・サポートもしてくれます。

求人サイトなどで自分で探すよりも、プロの担当者が転職をサポートしてくれるので、特に転職初心者の方にはオススメです。

ちなみにですが、ぼくも将来的に転職する時は転職エージェントを使う予定です。(笑)

大手転職エージェントは4つ

大手転職エージェントには以下の4つがあります。

大手転職エージェントとして多数の実績があるのはこの辺かなと思います。

転職エージェントにはそれぞれ特徴や強み、また担当者に違いがあります。

たとえば、dodaはIT系や通信、営業系の求人が多いことが特徴で、リクルートエージェントは地方求人が豊富なのでU・Iターン転職に適していることが強みです。

このように、それぞれ強みが異なるので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合ったものをメインに使うことをオススメします。

まとめ


仕事を辞めたいけど「辞めます」と言い出せない人は、それぞれ何かしらの理由を抱えているかと思います。

ぼくの場合は職場が人手不足だったり、「辞めます」と言い出すタイミングを伺いすぎていたりしたことが原因でした。

ですが、今思えば人手不足は会社の責任ですし、退職意思を伝えるのにベストなタイミングなんてないんですよね。

それに、後先考えずに退職したからといって死ぬわけでもないですし、むしろ退職は自分が求めている働き方を見つけるきっかけにもなります。

ですので、過去のぼくみたいに「自分なんてどうせ」と悲観的にならず、ぜひ自分に自信を持って退職意思を伝えてみてください。

退職ってそんな大したものじゃないので、あとあと思い返すと「なんで退職するだけで悩んでたんだろう」と思える日が来るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です