Twitterでブログ記事を埋め込んだツイートをする方法

Twitterには、自分のブログ記事のURLを入力して投稿した時に、サムネイルやタイトルが埋め込まれたツイートができる機能があります。

しかし、ブログ側でその設定を行なっていなければ、ブログ記事のURLをツイートしてもうまくひょうじされません。

そこで、「ツイッターでブログ記事をツイートしたのにURLしか表示されない」というお悩みを抱えている方に向けて、ツイートした時にブログ記事のサムネイルやタイトルが表示される方法について紹介していきます。

WordPressのカンタンな設定で表示できるので、5分もあれば問題が解決すると思いますよ。

ブログ記事が埋め込まれたツイートってどんなもの?

まずは、ブログ記事がちゃんと埋め込まれているものと、そうでないものを見てみましょう。

こちらがブログ記事の埋め込みが成功したツイートです。

そしてこちらが、ブログ記事の埋め込みが失敗したツイートです。

見てわかるとおり、両者は見た目が全然違いますし、明らかに前者の方がインパクトがありますね。

実際、この記事を見ている多くの人が、後者のツイートしかできずに困っている方かと思います。

そこで、以下からはどうやってこの埋め込みツイートをするのかについて解説していきます。

自分のブログ記事を埋め込みツイートする方法

まず、このブログ記事が埋め込まれたツイートですが、正式には【Twitterカードといいます。

つまり、ブログ記事のアイキャッチ画像記事のタイトル要約文が表示されたツイートは、Twitterカードが表示されたツイートということです。

そのTwitterカードを表示させるために必要な、WordPressの設定は以下の流れで行います。

  1. プラグイン【All in One SEO Pack】のインストール
  2. ソーシャルメディア機能をオンにする
  3. ソーシャルメディアの画像設定とTwitter設定を変更する

それぞれの手順に関して、具体的に説明していきます。

1.プラグイン【All in One SEO Pack】のインストール

Twitterカードを表示させるためには、WordPressに【All in One SEO Pack】がインストールされてあることが前提です。

All in One SEO Packとは、WordPressのプラグインで、ブログページ別のSEO設定やSNSの連動など、手間がかかるSEO対策の設定をカンタンに行うことができます。

All in One SEO Packのインストールは、WordPressダッシュボード画面から、【プラグイン】【新規追加】から行えます。

くわしいAll in One SEO Packのインストール方法についてはこちら(今後作成予定)をご覧ください。

2.ソーシャルメディア機能をオンにする

続いてAll in One SEO Packのソーシャルメディアの機能をオンにしましょう。

WordPressのダッシュボード左にある【All in One SEO】【機能管理】で機能管理の画面を表示させ、その中の【ソーシャルメディア】をクリックします。

ソーシャルメディアをクリックすると、【Active】というもじが【Deactive】となり、ソーシャルメディアのアイコンが青色に点灯します。

その後、WordPressのダッシュボード左にある【All in One SEO】にマウスをあてると、【ソーシャルメディア】という項目が追加されれば成功です。

3.ソーシャルメディアの画像設定とTwitter設定を変更する

All in One SEOのソーシャルメディア画面から、画像設定とTwitter設定の変更を行います。

まずは、ソーシャルメディアの【画像設定】の中にある【OG:Image ソースを選択】【アイキャッチ画像】に変更します。

これで、画像設定は完了です。

続いて【Twitter設定】では4つの項目があり、それぞれ以下の用に入力します。

  • デフォルトTwitterカード:【要約の大きい画像】に変更
  • Twitterサイト:自分のTwitterのユーザーIDを入力(ぼくの場合は@tokai_writer)
  • Twitter投稿者を表示:投稿者の表示にチェックを入れる
  • Twitterドメイン:自分のTwitterドメインを入力(ぼくの場合は【twitter.com/tokai_writer】)

自分のTwitterドメインは、Twitterのホーム画面から確認できます。

Twitterホーム画面URLの「https://」以降の文字がTwitterドメインになります。

例えば、ぼくのTwitterのホーム画面URLは【https://twitter.com/tokai_writer】なので、ぼくのTwitterドメインは赤文字の部分です。

また、Twitterのホーム画面URLを確認する際は、スマホのアプリからではなく、WEBサイトからログインしましょう。

ここまでの変更が終われば、画面の最下部にある【設定を更新】をクリックして、設定完了です。

設定の更新は忘れないようにしましょう。

【Card validator】でプレビューを確認しよう

Twitterカードの設定が完了したら、Card validatorというWEBツールを使って、実際にブログ記事を埋め込んでツイートしたときに正しく表示されるか確認しましょう。

まずはCard validatorへアクセス。

【Card URL】に埋め込みたいブログ記事のURLを入力して、【Preview card】をクリックしましょう。

すると、【Card preview】にTwitterカードのプレビューが表示されます。

プレビューが問題なく表示されれば成功です。

ここまでの設定が問題なければ、今後ブログ記事のURLを埋め込んでツイートするとTwitterカードが表示されるようになります。

設定完了したのにTwitterカードが表示されないとき

以上の手順を済ませたのにも関わらず、実際にツイートしてみてるとTwitterカードが表示されないという方は、そもそもあなたのTwitter設定に原因がある可能性が高いです。

Twitterの【設定とプライバシー】【プライバシーとセキュリティ】【安全性】の中にある、【ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する】のチェックを外しましょう。

この設定にチェックが入っていると、自分がツイートしたカードがうまく表示されないことがあります。

なお、それでもTwitterカード表示されない場合は、サーバーで反映されていないという原因が考えられます。

短くても数時間、長ければ数日ほど様子を見てみましょう。

YouTubeを共有してもタイムラインにはカードが表示されない

ちなみにですが、YouTubeの動画を共有しても、タイムラインにはTwitterカードが表示されません。

パソコンであれば表示されることがありますが、スマホアプリからTwitterのタイムラインを確認すると、共有した動画のURLだけが表示されて、基本的にはTwitterカードが表示されないようになっています。

なお、タイムラインではTwitterカードが表示されませんが、ツイートをタップすれば表示されます。

まとめ

Twitterカードを表示させるためには、WordPressで以下の手順で設定する必要があります。

  1. プラグイン【All in One SEO Pack】のインストール
  2. ソーシャルメディア機能をオンにする
  3. ソーシャルメディアの画像設定とTwitter設定を変更する

ここまでの手順に間違いなければ、ブログ記事を埋め込んだツイートが可能になります。

それでもTwitterカードが表示されない時は、Twitterの設定は正しいかを確認したり、時間をおいて様子を見たりしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です